こんにちは。花澤です。 「行動を変えよう」の3回目です。はじめて読んでいただく方は、2つ前のコラムから先に読んでください。 1回目 2回目 さて、前回は、「行動を変える」指導をする際に気をつける点として、 「5段階行動3から」というテーマでお話しました。 今回は、気をつける点のもう1つ目「親編」で ...

教育・保育・介護・看護等の対人援助者の離職が現場では悩みになっています。そこには「個」に埋没しやすい援助者のメンタルヘルスと同僚間でのつながり意識の形骸化があります。 対人援助を続けたくなる職場活性化をめざす「ナラティヴ(物語り)」と「ファシリテート」のスキルを身につけていただく未来 ...

〜強迫性障害・パーソナリティ障害〜 「症状」には意味がある 子どもと心が通じあうコミュニケーションの極意 ○期日 2017年8月26日(土)10:00~16:00 ○会場 子ども家庭教育フォーラム (新京成線「八柱」駅、JR 武蔵野線「新八柱」駅下車5分) ○受講費 10,800円 (還る家 ...

○日時 2017年11月19日 10:30〜16:10 ○会場 フジコミュニティセンター大会議室  地下鉄桜通線「中村区役所」駅から徒歩2分 (「中村区役所」駅までは名古屋駅から地下鉄1駅3分) ○内容  10:30〜12:00  「小児の成長について〜成長曲線が教えてくれること〜」  講師:長谷川 ...

子育ての悩みをひとりで抱え込まないで 親子で笑顔になるポイント ○期日 2017年8月15日(火)10:00~16:00 ○会場 子ども家庭教育フォーラム (新京成線「八柱」駅、JR 武蔵野線「新八柱」駅下車5分) ○受講費 10,800円 (「還る家通信」未読者は別途通信代 1,0 ...

「発達障害」とか「気になる子」といった治療的表現が幼児期の子どもをかかえる保護者に学童期への不安を かりたてています。 親と子が深い信頼関係を築き互いの存在を肯定できる「育て直し」の考え方、接し方を学びます。 テーマは多くの保護者に読まれている講師の書名から引用しました。ご一読のうえ参加 ...

こんにちは。 「行動を変えよう」の続きです。はじめて読んでいただく方は、1つ前のコラムから先に読んでください。 さて、前回、まずは「行動を変える」(先生視点で言えば、変えてもらう、変えさせるということになります。)ことから取組んでみては・・・という話をしました。 その際にちょっと気をつけた方がいい ...

コラージュとは、雑誌やパンフレットの写真・絵を切り抜き、それらを組み合わせて画用紙の上に張りつけ、作品を作るものです。そして、感想を話し合った後、講師のリードにより、思いもかけない自分を発見していくことができます。作品を作るだけではなく、作品の世界が作者の内面世界と深くつながり、その人が必要として ...