〜強迫性障害・パーソナリティ障害〜 「症状」には意味がある 子どもと心が通じあうコミュニケーションの極意 ○期日 2017年8月26日(土)10:00~16:00 ○会場 子ども家庭教育フォーラム (新京成線「八柱」駅、JR 武蔵野線「新八柱」駅下車5分) ○受講費 10,800円 (還る家 ...

教育・保育・介護・看護等の対人援助者の離職が現場では悩みになっています。そこには「個」に埋没しやすい援助者のメンタルヘルスと同僚間でのつながり意識の形骸化があります。 対人援助を続けたくなる職場活性化をめざす「ナラティヴ(物語り)」と「ファシリテート」のスキルを身につけていただく未来 ...

近年、DV防止法が施行されるとともに、医療・福祉・相談などの現場では、電話相談や面接を通してDV被害者に対応する機会が増えています。被害者が同じような質問を何度も相談員に尋ねてきたり、被害者の迷いが多くなかなか行動につなげられないなど、対応に苦慮する経験を持つ援助職の方も多いはずです。 この研修会 ...

子育ての悩みをひとりで抱え込まないで 親子で笑顔になるポイント ○期日 2017年8月15日(火)10:00~16:00 ○会場 子ども家庭教育フォーラム (新京成線「八柱」駅、JR 武蔵野線「新八柱」駅下車5分) ○受講費 10,800円 (「還る家通信」未読者は別途通信代 1,0 ...

男性養護教諭研修会も第8回となりました。これまで、現職の養護教諭をはじめ、養護教諭をめざす学生や研究者、一般教職員の方々に幅広くご参加いただきました。今回も、参加者各々の立場から、広く意見を交流する中で、「養護教諭」という職のあり方を深める機会としたいと考え、下記のとおり企 画いたしまし ...

「発達障害」とか「気になる子」といった治療的表現が幼児期の子どもをかかえる保護者に学童期への不安を かりたてています。 親と子が深い信頼関係を築き互いの存在を肯定できる「育て直し」の考え方、接し方を学びます。 テーマは多くの保護者に読まれている講師の書名から引用しました。ご一読のうえ参加 ...

○日時 2017 年7月29日(土) 12:30~16:30 ○定員 20名(先着順) ○会場 高知市青少年センター(アスパルこうち)4F ○参加費 5,400円 ○対象 子育て中の親、対人援助者(保育・介護・看護・教員・地方議員・相談員・宗教者)、 子ども(高校生以上)、他、人権・カウンセリ ...

「 甘える勇気を耕して♬私が私であることを紡ぐ♬」 子どもたちと一緒に人間関係や コミュニケーションについて学んでみませんか ○日時 2017年7月28日(金) 10:40~12:40 ○会場 黒潮町立大方中学校 体育館 ○講師 富田富士也(子ども家庭教育フォーラム代表) 文京学院大学生 ...

こんにちは。 「行動を変えよう」の続きです。はじめて読んでいただく方は、1つ前のコラムから先に読んでください。 さて、前回、まずは「行動を変える」(先生視点で言えば、変えてもらう、変えさせるということになります。)ことから取組んでみては・・・という話をしました。 その際にちょっと気をつけた方がいい ...